暗号通貨の仕組みの特徴|『中央管理者がいない』ってどういう事?

暗号通貨

「暗号通貨(仮想通貨)って何?」という質問に対し、良く使われる分かりやすい返答の一つに「中央管理者となる存在がいないんだよ」という特徴をあげる人が多いと思います。

中央管理者とは、日本通貨で言うところの銀行です。

なんとくイメージはできそうですが、「それってどういう事?」という疑問がたくさん浮かびますよね?

管理してくれる人がいないのに、どうやってお金の安全が守られているのか、どうやって運営されているのか気になりますよね?

今回は、中央管理者がいない暗号通貨の様々なメリットやデメリットについてどのようなものがあるのかをビットコインの特徴を加味しながらご説明させて頂きます。

ビットコインが採用している「分散型システム」について

分散型

ビットコインのシステムにはP2Pネットワークと呼ばれるシステムが採用されています。このシステムは簡単に説明すると、個々の端末がそれぞれ結ばれて全体と繋がっている「分散型」という技術が採用されております。

このネットワークでは通常のインターネットサービスのように、あるサーバーがネットを管理して何か行動を起こす時、そのサーバーに問い合わせてから返答をもらうようなシステムではありません。ユーザー(クライアント)となるそれぞれが同じ情報を共有している「中央管理不在」のシステムになっています

(P2Pネットワークについての詳しい説明はこちら⇒P2Pって何?)

このように、中央管理者に任せるのではなく、ユーザー同士で情報を共有し、管理をしていくシステムを採用していますので、現行通貨のように発行する大元となる国や銀行のような中央管理者は存在しません。また、その取引は参加者全員で不正が無いかチェックをするので取引を監視する第三者も存在しないのです

中央管理不在によるメリットとデメリット

天秤

ここまでで、暗号通貨の運営に中央管理者が存在しないという仕組みは理解して頂けたとおもいます。しかし、それによってどんなメリットやデメリットがあるのか?という疑問も浮かんできていると思います。では次はその点についても分かりやすくご説明していきますね。

『中央管理者がいない』ことで発生するメリット

「通貨の発行主体がいない」ことで、以下のようなメリットが挙げられます。

◆発行主体が存在することによって発生するリスクに左右されない

発行主体がもつリスクというのは、倒産や情勢不安などにより信用が失われる事が発生したり、何らかの規制が行われる事や他方面から攻撃を受けてしまう事です。

いずれの場合でも、中央管理されている通貨を利用する者にとっては防ぎようがありません。その中央管理者がいることによっての恩恵を受けているので当たり前の事なのですが、現行通貨では選択肢が他にない(自国の通貨しか利用できなかったり)場合が多くてそれは現行通貨のような中央管理者を選択しているというよりはそれ以外に利用できないという場合がほとんどです。

以上の理由から、暗号通貨を利用するメリットの一つに挙げられます。

◆「手数料がかからない」という面でコストの大幅カットができる

ビットコインはその性質上、振込み手数料は決まっていません。というか、自分で決められます。この手数料を自分で決めるという仕組みについて、「どういうこと?」と思われた方も多いと思いますが、実際にそうやって送金などが行われているのです。

ビットコインのシステムは中央管理者が不在なので送金などもみんなで管理しているネットワーク上だけ行われます。そして手数料は一番初めにその行為を「承認」した人がもらえる、という仕組みなのです。つまり、「早い者勝ち」という訳です。

ただ、ビットコインの市場規模が大きくなった現在では、個人が最初に「承認」することはほぼ不可能ですので、この件に関する詳細はあまり知らなくても問題はありません。

とにかく、『暗号通貨の振り込みや送金に関する手数料は自分で決めることができ、無料でもOK』これだけ覚えておけば大丈夫です。

では、なぜ一律に無料ではないかというと、決済の順番は手数料の高いものから行われるので、早く決済したい場合は高めに設定するという差別化や効率化アップを促すためです。

つまり、ビットコインの手数料はよほど急を要することがない限り無料と言っていいでしょう。それにより、手数料がかからないということでコスト削減になります。これは「中央管理者がいないから」というよりも、ビットコインのシステムによる恩恵なのですが、手数料の支払いが馬鹿にならない海外送金など、グローバルでのビジネスでは大幅なコスト削減になります。

◆労力がかからない(面倒な作業を減らせる)

銀行にいちいち出向いてお金をおろしたり、入金したり送金したりというのは、思いの他面倒で手間のかかる作業です。しかし、暗号通貨の場合はアドレスを取得してビットコインを実際に入金する為の労力はほとんどかかりません。なぜなら、「本人確認」「印鑑」「書類提出」「窓口に行く」という工程がビットコインを扱う場合は一切不要で、自宅のパソコンで済んでしまうからです。

「銀行に行くくらいそんなに手間ではない」と思うかもしれませんが、わざわざ銀行に足を運ぶ時間や手間を今後数十年単位で続けていくことを考えると、間違いなく良い話ではあると思います。

◆大幅な時間短縮ができる

ビットコインアドレス(ビットコインを取り扱う為に必要な口座番号のようなもの)を取得するのには時間はほとんどかかりません。所要時間は銀行の口座を取得する際に比べればはるかに短いものです。また、ビットコインを送金する場合は365日24時間利用できること、そして海外送金する際には長くかかっても1時間程で送金できるので、かなりの時間短縮ができます。

 

いかがでしょうか?『中央管理者がいないという』事は、コストの削減や面倒な作業を減らせるだけでなく、時間短縮までも可能にすることができるんです。

『中央管理者がいない』ことで発生するデメリット

もちろん、中央管理者がいないという要素は良いところばかりではありません。続いては、どのようなデメリットがあるのかもしっかりと学んでいきましょう。ここでは、中央管理者がいないシステムや業界全体の話ではなく、 “暗号通貨における”中央管理者不在のデメリットを述べていきたいと思います。

◆誤操作が発生した時に対処してくれる存在がいない

中央管理者がいる場合は、自分のミスで操作ミスが発覚した時は、窓口等に相談すればある程度の対処はしてくれます。しかし、暗号通貨には管理をしている業者自体が存在しないので、たとえミスが起きたとしても、それを取り消すことができなくなります(送金ミスなど)。

銀行などで手数料を支払っているのは、送金を行う際に「もしものミス」があっても、ある程度の対処をしてもらえるための保険だと考えられるでしょう。ビットコインではそのような保険がない為に基本的に誤操作をしてしまった場合には取り消すことができません。

◆発行数に上限がある

ビットコインには発行数が決められており、価格を調整する事ができないと言われております。円やドルなどの発行主体が存在する場合では通貨の発行量を調整することにより、通貨自体の価格を調整することができます。そうすることにより、インフレやデフレのリスクを抑える事ができるのです。

しかし、ビットコインは発行数が一定の割合で発行されることが決まっており、インフレにはなりにくいのですがデフレを阻止することは基本的にはできません

◆意思決定が難しい

ビットコインのシステムが時代の変化と共に不都合が生じてしまい、システム自体を変える際には中央の意志だけでシステム変更をすることができません。以前はユーザーが少なく、多数決も取りやすかったのですが、今のビットコインユーザーは世界中で数千万人以上と言われています

ビットコインのシステム変更は利用者の意志に基づき、賛同を得ることによってはじめてなされるのですが、ここまでユーザー数が増えると多数決での最適解が得られないという状況になっています

この事に関する問題が2016年11月にスケーラビリティ問題として取り上げられたのですが、現段階ではまだニュースの内容に出てくる専門用語を理解する知識量にいないので、この件についてはまた後程ご説明させていただきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「中央管理者がいない」ことについてのメリットとデメリットについては一概にこれだけとは言えません。

ほかのサイトや暗号通貨に関する本を読むと、「こんな点も現行通貨に比べて素晴らしい」という説明がされていたりしますが、今回説明したものは最低限知っておけばよいものですので、おそらく中央管理不在という知識に関しては十分な知識量になったと思います。

ただ、暗号通貨は説明した通り誤操作をしたら全てが自己責任になってしまうリスクが伴い、メリットが大きい分しっかりと自己管理と責任を持って取り扱わなければならないものです。そういった特徴を十分に踏まえた上で、ビットコインを学んでいくかはあなた次第です。

もし、これからもこのサイトで学んでいただければ、しっかりとした情報をつけて、リスクを回避する知識もしっかりと身につけられるかと思いますので、興味のある方は今後もじっくりとご閲覧くださいね。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*