モネロについての徹底解説|匿名性を高める取引方式とは?

このページではプライバシーを守るために匿名性を特化させた暗号通貨、「モネロ」についての特徴や基本情報などのほか、匿名性を高める取引方式についてもお伝えしていきたいと思います。

モネロ(旧ビットモネロ)基本情報

「天使」の画像検索結果

名称 Monero(モネロ)【旧BitMonero(ビットモネロ)】
コード XMR
開発者 Monero Project
開発組織 Monero Project
暗号化方式 CryptoNight
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work/CryptoNightがベース
承認目安時間 約1分
上限発行量 上限なし

モネロはダッシュと同じくバイトコインをフォークして開発された匿名性に優れた暗号通貨です。

2014年4月にリリースされ、当初は「Bitcoin」の「Bit」とエスペラント語で「Coin」の意味に当たる「Monero」を組み合わせてビットモネロという名称で公開していました。

その後、コミュニティ内で名称を省略しモネロと呼ぶようになり、今の名称になりました。

※バイトコインとの相違点

バイトコインと異なる点として、承認時間が1分であることや、発行量に上限が無いことが挙げられます。

また、モネロには1MBのブロック制限が無いため、ビットコインのようなネットワークの拡張性の問題(スケーラビリティ問題)が起きにくいと言われています。

匿名性を高める取引方式「Ring Signature(リング署名)」とは?

モネロはRing Signature(リング署名)という取引方式を取り入れることで、匿名性に優れた送金取引を実現しています。

一般的な取引で行われる送金時にはデータの署名がなされます。その時、署名は各自がそれぞれ持つ秘密鍵(プライベートキー)と公開鍵(パブリックキー)を用いて行われるため、図1のように誰が行った署名かが容易に特定できてしまいます。

しかし、リング署名の場合は複数人の公開鍵を束ねて利用する方法にすることで、図2のように誰が署名したものかを特定しにくくできます。

利用者は特定のグループだけに属する訳ではないので、他のグループのリング署名に参加することで特定することが困難となり、図3のように匿名性が高まります。

まとめ

いかがでしたか?ビットコインをはじめとする暗号通貨では、誰でもブロックチェーン上で行われた取引を閲覧することができます。

つまり、周りからの観測によってセキュリティが守られているとされていた考え方が、プライバシーという観点から見るとどうなんだ?という疑問点を投げかけたのがこの匿名性に優れたコインたちというわけです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*