ステラについての徹底解説|ブロックチェーン2.0の時代

このページでは、国際決済の為に公開された分散型台帳ネットワーク「リップル」についての特徴や基本情報などのほか、コインとしての使われ方についてもご紹介していきます。

ステラ基本情報

「星」の画像検索結果

名称 Steller(ステラ)
コード XLM(ルーメン)
開発者 Steller Development Foundation
開発組織 Steller Development Foundation
コンセンサスアルゴリズム Steller Consensus Protocol
承認目安時間 即時
上限発行量 初期1兆円、その後年率1%増加

ステラとリップルは、ほかの暗号通貨とは性質が異なります。

ステラは、2014年にリリースされたグローバルな決済の為の分散型台帳ネットワークです。リップルの開発メンバーであったジェド・マケーレブ氏が中心となって、リップルの開発ソースコードを元に開発をしました。

ステラはリップルと同様にゲートウェイとなる企業や個人が発行するクレジットをステラネットワーク内でやり取りすることが可能です。

また、ステラの運営は非営利団体のSteller Development Foundationにより行われています。リリース当初はリップルの技術を元に実装されていたため、基本的な仕組みは同じでした。

しかし、既存のリップルの取引の合意形成方式に不備を発見し、新たに独自の「ステラ・コンセンサス・プロトコル」を実装しました。

ステラの通貨とリップルとの違い

ステラには、ステラの分散型台帳ネットワークであるステラネットワークの利用に必要な通貨としてルーメンが用意されています。これもリップルと同様、初期に1000億が配布されました。

しかし、リップルとは異なり、発行量の大半をステラネットワークの利用ユーザーに配布しました。そして初期の配布後は、毎年1%の固定比率で新規ルーメンが発行されています。

リップルのUNLにあたる取引の承認者リストは「Quorum Slices」と呼ばれています。

※ステラの通貨【ルーメン】について

初期はSTR(ステラ)と呼ばれていましたが、2015年に改名され、XLM(ルーメン)となりました。

現実的になってきたブロックチェーン2.0の時代

ビットコインを支えているブロックチェーン技術を、通貨以外の用途に応用しようとする新たな技術やプロジェクトが注目を集めています。これらの技術やプロジェクトはビットコイン2.0、暗号通貨2.0、仮想通貨2.0、ブロックチェーン2.0などと呼ばれています。

ブロックチェーン2.0の技術が取り入れられようとしているプロジェクトには以下のように様々なジャンルの業界が注目しています。

  • コイン発行系
  • 文書記録技術
  • 投資ファンド系
  • ストレージ技術
  • ゲーム業界
  • スマートプロパティ
  • クラウドコンピューティング
  • ソーシャルメディア業界
  • メッセージアプリ関連
  • Dapps機構プラットフォーム

…etc

ブロックチェーンはフィンテックの大本命と言われるほど、注目を浴びるブロックチェーン技術ですが、これらのプロジェクトはそのブロックチェーンをより私たちの生活で実用出来るレベルへ応用しようとしているのです。

まとめ

いかがでしたか?このブロックチェーン技術が私たちの日常でも使えるほどのレベルにまで引き上げられれば、もう現金を持ち歩くという事自体がナンセンスという時代もやってくるでしょう。実際に、そのような生活をしている人もいるので、あなたが思っているより近い未来かもしれません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*